ドアの種類|美しく手入れも簡単!フロアコーティングで綺麗なお部屋を維持

玄関ドアの種類は大きく2つにわけられます

ドアの種類

ドア

綺麗で安心できる玄関にしよう

玄関は家の顔にもなる場所です。そんな玄関で、大きな役割を果たしている玄関ドアは家の印象を左右することもあります。また、古くて防犯性の低い玄関ドアだと空き巣に狙われてしまう可能性もあるのです。安心して暮らすためにも玄関ドアリフォームを検討しましょう。

玄関ドアリフォームとドアの種類

玄関ドアリフォームを行うときに知っておきたいのがドアの種類です。大きく分けると引き戸と開き戸に分けることができるでしょう。引き戸は昔ながらの日本家屋によく用いられるタイプで、開き戸は新しい家屋によく見られる洋風のドアです。また、その2つ中でも細かく種類分けがされています。

横にスライドさせる引き戸

日本の伝統的な家屋に多く、横にスライドさせて開け閉めするのが引き戸です。引き戸には2つのドアを左右両方に動かすことができる引違い扉と、1つのドアだけが動く片引き扉があります。一般的には引違い扉の方がよくみられるでしょう。価格はドアの種類だけでなく面積でも変わるので、タイプをしっかり決めてから相場を調べるといいでしょう。

開き戸の代表的な種類を調べてみよう

片開きドア

1つのドアで開閉するため、スペースを取らずに設置することができるものです。よく集合住宅に用いられている一般的なタイプのドアだと言えるでしょう。よく使われるため、豊富なデザインのなかから選ぶことができるでしょう。

両開きドア

同じ大きさのドアが2つ付いているタイプです。広々と開けることができ開放感や高級感を出すことができるでしょう。たくさんの人が来るという家であれば便利です。その分スペースが必要となってしまいます。

親子ドア

大きさが違う2つのドアが付いているもので、基本的には大きな方のドアで出入りをすることになるでしょう。大きな荷物を運ぶときに小さい方のドアを開けて入り口を広くすることができます。

広告募集中